2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

≫ EDIT

2週間で卒業制作を仕上げ1週間でコピー誌を仕上げ1日で友人を無くす方法論

前回の日記で触れたように
ナリヲさんしばらく人生をドロップアウトしかけてたんで
当然のように
「卒業制作を出さなくてもいい」
みたいな空気を出してたら怒られました。
俺の教授でもない人から。

去年、つまり3年次ですね。
進級にやっぱり作品が必要だった「らしい」のですが
まぁアレですよ。
口八丁手八丁ですよ。
「今全体の60%くらいなんですよね」系の言い訳で通過してしまったので
今年もそれで卒業できるんじゃないかと。

そういう甘いことを考えているから同級生から
「3年のときにまともな作品つくれなかったクズは就職も出来ないよね」みたいなことを言われるわけですよ。

まぁ、アスヤロの精神で。
明日やろう明日やろう。

で。
12月のはじめですか。
15日に提出だよ、と。
出さなきゃ卒業できないよ、ガチで、と。
絶句ですよね。絶句。

このままではこのクソ大学・・・
いや、まだご在学のかたもいらっしゃるでしょうからこの表記は良くないですよね。
史上最低のドブ川ウンコ虫大学こと僕の母校(になる予定)に
投資したウン百万近くが文字通りドブに流れてしまうことになるわけです。

そんな僕を助けてくれたのが肥溜めに鶴、クソ山に咲く一輪の薔薇こと僕の数少ない友人なわけです。
ありがとう。

えーと
まぁ
いろいろありまして。

なんとか1週間で250枚くらいの動画を描いて色を塗りまして
(画用紙に色鉛筆だったんで腕が痛い)
残り1週間でアフターエフェクツで編集するという荒業を行ったわけですね。
つーかこれで通るって本当にクズ大g(ry

おいおい、こんなこと書いたらますますこの日記を同級生に見せられなくなんな…

じゃあ、そろそろ冬コミの原稿を描きますか…
残り16ページ、うーむ…
スポンサーサイト

| 土下座日記 | 01:47 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

このオナホールがすごい2006-いかにしてナリヲは4ヶ月も更新をフけていたか-

あんまり言うもんじゃないな、と。

死にてぇ死にてぇ言ってましたら
足に腫瘍できて
ナカに…下腿骨(なか)に! こってりした(腫瘍細胞)が増殖(で)てるよおおあおおおおおおッ!!
みたいな。

そういう貴重な経験をさせてもらいました。

足痛いんで地元の町医者行ったらですね。
ぞんざいな態度でレントゲン撮られたあげく
うーん、と首をひねって一言
「ごめん」

デブが自重に耐えられなくなったくらいで天下の整形外科さまに来るな、と。
そう思ってしまってすまなかった、と。
そういうふうに謝罪されました。
終始軽い感じで。

あのヒゲ医者。
いつかあのヒゲにガムくっつけてやる。

それで、そっからいろいろとあったんですが、
結局経過観察に落ち着きました。
いろいろありました。いろいろ。

説明不測であやうくガチ被爆しそうになったり。
すごいっすごいよほぉっ!! MRIでトイレガマンするのって最高に気持ちいいようっ!!
みたいな。
今日はみさくら祭りですね。


あ、みなさんお久しぶりです。
「童貞に夢を」こと深夜の超特急・赤ひげ薬局です。
嘘ですナリヲです。

いやあ、本当にあれですね。
言うもんじゃないですね。
鬱だしちょっと死んどく?みたいなのは。



卒業アルバムに載せるとかいう写真。
みんながんばってるので、なんか俺も最後に花を咲かそうと首吊りっぽいのを載せようとがんばってみました。がんばるよぉ!

ほら、
今年はあれでしたし。多かったらしいじゃないですか。

死んでもいいことないよ若人のみんな。
たとえね、寝る前にカレンダーに×をつけながら
「あと○日で夏休み…あいつらに苛められないで済む…」
みたいな経験をしてですもね、10年も経てば立派な…
立派な…

偉い人「あのーここに対人恐怖症と書かれてるんですが」
ぼく 『え、あ、はい、あの、人と接するのが苦手で…』
偉い人「うーん、おたくのようなFランク大じゃそんなワガママ言ってたら就職できませんよ(苦笑)」

みたいな経験するから早く死んだほうがいいな。
ほんと。
いっそ殺してくれ!!

天井からですね、こう、ぶら下がってるんですよ。
タコ足配線用のテーブルタップが。
それをですね、こうグルっと首に巻きまして。
引くと絞まるっていうんですかね。
ちょいと結ぶんですよ。
引くと絞まるように。

引くと、絞まるように。
引くと、絞まります。

調子こいてたんですね。
調子こいて、気づかなかったんですね。

首が絞まると人間は死んでしまうということに。

そんな浮かれ状態のクソ虫ことナリヲですよ。
嬉々としながらヒモを首にかけて近くの机に寄りかかるわけですよ。
アレですよ、アレ。
ピストル見つけてワーワー騒ぎながら、偽物だと思って一人ロシアンルーレットみたいな。
弾はちゃんと全部入ってます。
引き金を引くとイタイ感じの。生き様が、イタイ感じの。

長机。
あれですね、キャスター付きの。
ロックを解除すると動かせる、アレです。

―ロック解除されてんだもん…
寄りかかった瞬間、ズルーッですよ。
いまどき吉本でもやらないような強烈なズッコケですね。
そしてガクッですよ。
ガンッって表音が正しい感じの。

絞首刑ってあるじゃないですか。
あれ、窒息よりも頚椎脱臼っていうんですか、首の骨が抜けるやつ。
あれでイくことの方が多いらしいですね。
多いらしい、というか、
ヒモと首の間に指を入れてなかったら
俺もイってた感じがしたので間違いなくソレでイくのでしょう。

そんなわけで今日のまとめです。

調子こいて首吊りの真似をするのは
ダメ、絶対っ!

| 土下座日記 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月